新型コロナウイルス感染拡大に伴う
国際航空券の特別対応について

[2021年4月1日更新]

アメリカ発国際線含む路線で変更手数料を廃止

ユナイテッド航空は、ほとんどのエコノミーやプレミアムキャビンクラスの航空券に対して、今後変更手数料を請求しないことを発表しました。

(*ベーシックエコノミークラスまたはアメリカ以外発のその他国際線の変更については下の記事をご参照ください。)

【対象の旅行先】

・アメリカ発国際線(アメリカ発→日本着含む)
アメリカ国内線(アラスカ、ハワイ、米領バージン諸島、プエルトリコを含む)
・アメリカ⇆メキシコ、カリブ海諸島

ANA航空券の変更手数料の免除

[2021年4月1日更新]

航空券の払い戻し

アメリカ発の国内線および国際線航空券に対して、航空券の取消において、払い戻しが可能になりました。

以下の条件に当てはまるチケットに関してはキャンセル料をお支払いの後、返金が可能になりました。

  • 航空券番号が016から始まる旅券
  • アメリカ出発の旅程
  • 出発日が2020年3月3日以降
  • プレミアムキャビンまたはスタンダートエコノミーパブリッシュ料金のもの(*ベーシックエコノミークラスを除く)
ANA航空券の払い戻し

[2021年3月4日更新]

予約の変更と変更手数料免除

ユナイテッド航空は、将来の旅行の計画を立てるのが難しい現状を見据え、以下の条件に当てはまるチケットの変更手数料を免除しています。

お手続きには、下記2つの方法がございます。

・アメリカ以外発のその他国際線の変更については、2020年3月3日〜2021年5月31日までに発券された航空券に限り、変更手数料は発生いたしません。

・ベーシックエコノミークラスの航空券については、2020年3月3日から2021年4月30日までに発券された航空券に限り、変更手数料は発生いたしません。

  1. 現在お持ちの航空券の予約をキャンセルし、その代金をフライトクレジットとして保持し、次回のご旅行代金に充当することができます。

  2. 運賃の差額が発生する場合は、追加代金のお支払いが必要となります。

  3. フライトクレジットは、ユナイテッド航空、ユナイテッド・エクスプレス、および提携航空会社が運航するフライトに利用できます。

  4. ほとんどの場合、クレジットは元の航空券の発行日から12ヶ月以内のご旅行に充当することができます。

  5. ただし、2019年5月1日から2021年3月31日の間に発券された航空券については、元の発券日より24ヶ月 (2022年3月31日まで) の旅行のクレジットに有効です。
  1. Eサーティフィケートは、ご搭乗拒否、お客様の善意によるお申し出、フライト変更による運賃差額、変則的な運航などの状況に応じて、ユナイテッド航空からお客様へ発行されます。

  2. Eサーティフィケートは、発券日から最大2年間 (24ヶ月) 有効で、ユナイテッド航空およびユナイテッド・エキスプレスが運航するフライトにのみ充当可能です。

  3. 次回のご旅行をご予約の際に、お持ちのEサーティフィケートを10枚まで合算することができます。
ANA航空券の変更