当社駐在員の体験談(赴任前)

※ このページで掲載された情報は、2020年11月30日時点の参考情報であり、当社のロサンゼルス駐在員が体験した事を基に作成されております。
新型コロナウィルスの影響により対応方法が変更されている場合がございますので、ご自身でも各種機関へ必ずご確認下さい。

現地銀行の口座開設

 給与受け取りや経費精算など、アメリカで生活するためには、なくてはならないものが、銀行口座。アメリカで銀行口座を開設するとなると、支店の窓口で英語による手続きを踏まなければなりません。「どういう書類が必要なのか?」「英語でなんて言えばいいのか?」色々不安を抱くと思います。
 でも、ご安心ください。日本でも申し込み可能な金融商品とサービスがございます。私たちが利用したのは、米国ユニオンバンクが提供するアメリカ駐在員向けの金融パッケージ『パシフィックリム・カンパニーベネフィット・プログラム』です。三菱UFJ銀行に申し込みのサポートをしていただき、日本に居ながらユニオンバンクの口座開設とキャッシュカードの受領が出来ました!

おすすめポイント

クレジットカードの発行

「えっ!?日本で発行されたクレジットカードじゃダメなの?」と思われたかもしれません。日本発行のクレジットカードの場合、決済不可となるケースがありますので、アメリカで発行されたクレジットカードをお持ちになる事をお勧めいたします。例えば、ガソリンスタンドでは、ZIPCODEの入力を求められ日本の郵便番号ではエラーとなり、カウンターまで行って現金で支払わなければなりません。アメリカは、キャシュレス大国と言われるように、ありとあらゆる場所でクレジットカードが必要となりますので、アメリカで発行されたクレジットカードが最低でも1枚は必要になります。ただ、このクレジットカードを発行するには、どこでも良いのか?と言うとそうではありません。申し込みには、アメリカの銀行口座・ソーシャルセキュリティーナンバー、クレジットスコアなど、すぐに用意出来ないものがあり、特にクレジットスコアは日本のものが通用しません。しかし、ANAが発行するANA CARD USAであれば、クレジットスコアがなくても出国90日前からお申込みが可能となっており、フライトマイルは勿論の事、ショッピングマイルも貯まる仕組みとなっています!

おすすめポイント

国際免許の取得 / 運転免許証の更新手続き

 自動車大国として知られているアメリカ。ほとんどの州では、生活する上で車が必須となり、買い物や仕事の営業など生活するには欠かせない存在です。アメリカの運転免許証を取得するまでの間「国際運転免許証」が必要になりますので、現住所のある運転免許試験場または運転免許証更新センターで取得しましょう!また、アメリカ赴任中に日本の運転免許証の有効期限が切れてしまう方は、併せて免許更新しておくことをお勧めします。有効期限前の更新には、赴任証明書(会社が発行する)が必要になりますので必要書類と併せて準備し最寄の運転免許更新センターへ行きましょう!

チェックポイント

生活情報 ~駐在員による現地レポート~