デジタル証明書アプリ「IATAトラベルパス」の実証実験を実施

ANAは、国際航空運送協会 (以下、IATA) が開発したデジタル証明書アプリ「IATAトラベルパス」の実証実験を、羽田=ホノルル・ニューヨーク線において、5月24日~6月6日の期間中実施いたします。今回の実証実験となる便にご搭乗予定で、要件を満たすお客様の中から、実証実験にご参加いただける方を募集しております。

「IATAトラベルパス」アプリは、渡航時に必要な新型コロナウィルス検査の陰性証明書をデジタル化することで、各国への渡航要件が日々変動する中でも、出入国手続きを非接触かつ円滑化させ、お客様がより安心・安全に海外旅行をしていただけることを目的としています。新型コロナウィルス検査結果をスマートフォンのアプリ内に保持することで、お客様のご旅行目的地の健康要件を満たしていることを簡単かつ確実に確認していただけます。



実証実験の対象便

今回の実証実験は、以下の対象便のご予約をお持ちで、参加をご希望のお客様が任意でご参加いただけます。実証実験の参加は任意となりますので、実証実験に参加しないお客様もこちらの対象便へのご搭乗は可能です。


実証実験にご参加いただけるお客様の要件

実証実験にご参加いただく場合、お客様において「IATAトラベルパス」アプリをダウンロードいただき、デジタルIDを作成していただきます。そして、指定の医療機関にて新型コロナウイルス検査を受け、陰性であることを確認していただきます。空港での搭乗手続きの際には、パスポートおよびその他渡航に必要な書類とともに、(1)「IATA トラベルパス」アプリおよび (2) 目的地への渡航に必要な陰性証明書 (原本) の両方を、ANAチェックインカウンターにてご提示いただく必要があります。

<その他参加条件>
・18歳以上のお客様
・ICチップ搭載のパスポートをお持ちのお客様
・ICチップを読み取ることができるスマートフォン(NFC:Near-field communication搭載)をお持ちのお客様
・特定の医療機関で新型コロナウイルス検査を受けることが可能なお客様


実証実験にご参加いただいたお客様への特典

実証実験にご協力いただき、参加後のアンケートにご回答いただいたお客様へは、1,000マイルをANAマイレージクラブのマイル口座に贈呈いたします。また、一部の医療機関での新型コロナウイルス検査費用の割引が受けられます。


実証実験の詳しいご案内

こちらの実証実験についての詳しいご案内は、ANA公式サイトよりご確認ください。


実証実験への登録方法

実証実験に参加を希望されるお客様は、ご出発5日前までに事前登録を行ってください。


日本・アメリカへの入国制限および渡航に必要な書類等の詳細については、こちらをご確認ください。

おすすめの記事